料金後納郵便はがき

圧着ハガキを依頼する時の部数

色見本

DMに最適と注目を集める圧着ハガキ作成は専門業者に依頼をすることになりますが、1000部などまとまった部数の注文が必要になるのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、50部や100部などの少部数での圧着ハガキ作成が可能な業者も少なくありません。宣伝などに圧着ハガキを使いたいと考えている場合は、希望通りの印刷ができる業者を探すところから始めておくと良いでしょう。

注文をする時の部数が多ければ多い程、1部当たりの単価は安くなることになります。そのため、少部数の場合はやや割高となってしまうことになりますが、注文をするタイミングを工夫することで費用を大幅に抑えることができます。発送までの日数が短ければ料金は割高となってしまうため、少しでも安く圧着ハガキ作成をしたい時は、早めに注文をしておくことがおすすめです。部数など全く同じ条件であっても、発送するまでの日数によって金額が大きく変わることは少なくありません。それ以外にも、圧着ハガキに使う紙の種類などによっても作成料金が変わることがあります。少しでも安くDMを作成したい、予算内に収めたいという場合は、料金の比較検討から始めておくことがおすすめです。